FC2ブログ
ネットワークビジネスの嘘で被害者にならないためのブログ
ネットワークビジネスの嘘で被害者にならないためには、旧態依然の考え方から頭を切り替えることが必要なんです!
WIN-WINの関係とは?
ビジネスの世界には、WIN-WINの関係、WIN-LOSEの関係
という言葉があります。

文字通り、WIN-WINは、お互いが勝つこと。

そして、WIN-LOSEは、一方が勝ち、一方が負けること。


以前のビジネスの世界は、WIN-LOSEの関係、
つまり、自分が勝つために、相手を負けさせる、という
考え方が主流でした。


ビジネス用語の中に、戦略とか戦術といった、戦争用語が
使われていることからも解るように、ビジネスは戦いだったんですね。


しかし、近年になって使われ始めたのが、WIN-WINの関係
という考え方。

相手を負かして自分が勝つ、という考え方をやめて、お互いが
勝つという状態に持っていきましょうよ、という考え方が
出てきたのです。



この考え方が非常に受けたのか、最近では、ビジネスに取り組んで
いる人たちはもう、当たり前のように使う言葉となりました。


しかし、この言葉を使っている人たちと話をしていると、
どうにももやもやした気持ちが芽生えてくるんです……
 
 
ビジネスの世界には、たくさんの耳触りのいい言葉があります。

今回のWIN-WINの関係、というのも、そのひとつです。

で、この言葉の意味はなんですか?ときくと、結構皆さん答えるのですが、

しかし・・・


具体的に、あなたはどうやってその言葉を実現させていますか?

ということを聞くと、とたんに答えがあやふやになってしまいます。


耳触りのいい言葉とは、口にするには気分がいいですが、
その気分の良さが裏目に出てしまうことも、多々あるんですよね。

それは、


口にしたことで、やった気になって満足してしまう・・・

ということ。

WIN-WINの関係を意識して仕事に取り組んでいます。」

と言ってしまえば、それで、いい仕事をしたような気になってしまう。

あまりにこの言葉が使われすぎているような気がするせいか、
そんな人が多いように見受けられるように思えてならないんです。


でも、本当に良い言葉だと思ったのならば、その言葉をただ
口にするだけでなく


その言葉を自分のビジネススタイルにどう反映させるか
ということが重要なことではないのかな、と思うのです。


ビジネスは、具体的な行動によって具体的な成果を生み出すこと。

言葉遊びでその気になって満足することではないですもんね。


そこで、私はWIN-WINの関係というものをきちんと考えてみよう
と思いました。

で、私なりにWIN-WINの関係を、


相手を儲けさせ、その一部をお裾分けとしていただくこと


と、定義しました。


そうすると、やっぱり仕事の質も変わってくるんですよね。

そして、今現在も、「WIN-WINの関係」の言葉を口に
しながら、もっともっとお客さんに高い価値を提供できるよう、
日々の仕事に取り組んでいるのです。


成功者とは、WIN-WINの関係づくりが出来た人たちです。

★ネットワークビジネス成功無料メールセミナー
 


コヴィー博士最後の来日公演映像プレゼント

スポンサーサイト



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
この記事のコメント
コメントの投稿









: