FC2ブログ
ネットワークビジネスの嘘で被害者にならないためのブログ
ネットワークビジネスの嘘で被害者にならないためには、旧態依然の考え方から頭を切り替えることが必要なんです!
被害者を出さない考え方
被害に遭いたくないから、ネットワークビジネスに近寄らないという
人がいます。


これと微妙に異なる理由で、ネットワークビジネスは嫌だという
人もいます。


自分はネットワークビジネスで組織を持てたけど、その過程で他人を
被害に遭わせてしまうのが辛くて、ネットワークビジネスを去ったという
人がいます。


同じように見えますが、関心が自分の損得に向かっているか、他人への
思いやりを優先にしているかで、違うんですね。


私の知人に、インターネットでも口コミでも、他のビジネスをやって
稼げなかった経験はないという人ですが、私のやっているビジネスで
気持ちよく組織を広げている人がいます。


「自分が稼げても、被害者を出すビジネスはしたくない」


私のビジネスが被害者が出にくいと思う根拠は、


・人脈を頼らないこと。


・購買型であるので買い込みしても意味がないこと。


・セミナーに人を動員しない事。



など、被害に遭う可能性は少ないという点にあります。


でも、システムの良さだけではないんです。


もっと重大な条件があります。


ネットワークビジネスは、製品を流通させて稼ぐ仕事です。


製品がよく、会社側に顧客への誠意があり、報酬プランも会員の満足する
ものであれば、システムとしては完璧
です。


しかし、そこまでは完璧でも、もう一つの条件がかけている
ネットワークビジネスが多いのです。


確かにシステムが良ければ人気は出ますし、製品が良ければリピートも
長く続くでしょう。


でも、それだけで組織が安定し、継続収入が確保できるわけではありません。


強固なネットワークにしていくためには、もう一つ必要な条件があります。


それは、ビジネスで成功できるノウハウを全員に提供できることです。


参加者に稼ぎ方を教えてあげて、初めて被害者を出さないネットワークビジネス
と言える
と思うのです。


健全なネットワークビジネスは、必ずWIN-WINの関係でネットワークが広がって
いきます。


紹介してくれてありがとう」「参加してくれてくれてありがとう」と心から
言い合えるような、お互いの感謝で繋がっていくべきなのです。


自分だけが一人で儲けても、それは一時的なもので終わります。


努力した人がみな成果を出せるネットワークビジネスでなければ、一時的に
増えても、砂上の楼閣の如くはかなく消えていくだけです。


自分が稼げるかどうかより、被害者を出したくない思いを優先する人は、
参加するネットワークビジネスのグループのノウハウが本物かどうか、
よく確かめて検討するべき
だと思います。

★友達を誘わなくても出来る無限の集客方法はこちらから






スポンサーサイト



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
ネットワークビジネスの被害者

被害に遭いたくないから、ネットワークビジネスに近寄らないという
人がいます。

これと微妙に異なる理由で、ネットワークビジネスは嫌だという
人もいます。


自分はネットワークビジネスで組織を持てたけど、その過程で他人を
被害に遭わせてしまうのが辛くて、ネットワークビジネスを去ったという
人がいます。


同じように見えますが、関心が自分の損得に向かっているか、他人への
思いやりを優先にしているかで、違うんですね。


私の知人に、インターネットでも口コミでも、他のビジネスをやって
稼げなかった経験はないという人ですが、私のやっているビジネスで
気持ちよく組織を広げている人がいます。


「自分が稼げても、被害者を出すビジネスはしたくない」

私のビジネスが被害者が出にくいと思う根拠は、

・人脈を頼らないこと。

・購買型であるので買い込みしても意味がないこと。

・セミナーに人を動員しない事。

など、被害に遭う可能性は少ないという点にあります。

でも、システムの良さだけではないんです。

もっと重大な条件があります。


ネットワークビジネスは、製品を流通させて稼ぐ仕事です。

製品がよく、会社側に顧客への誠意があり、報酬プランも会員の満足する
ものであれば、システムとしては完璧です。


しかし、そこまでは完璧でも、もう一つの条件がかけている
ネットワークビジネスが多いのです。


確かにシステムが良ければ人気は出ますし、製品が良ければリピートも
長く続くでしょう。

でも、それだけで組織が安定し、継続収入が確保できるわけではありません。

強固なネットワークにしていくためには、もう一つ必要な条件があります。

それは、ビジネスで成功できるノウハウを全員に提供できることです。


参加者に稼ぎ方を教えてあげて、初めて被害者を出さないネットワークビジネスと言えると思うのです。


健全なネットワークビジネスは、必ずWIN-WINの関係でネットワークが広がって
いきます。

「紹介してくれてありがとう」「参加してくれてくれてありがとう」と心から
言い合えるような、お互いの感謝で繋がっていくべきなのです。


自分だけが一人で儲けても、それは一時的なもので終わります。

努力した人がみな成果を出せるネットワークビジネスでなければ、一時的に
増えても、砂上の楼閣の如くはかなく消えていくだけです。


自分が稼げるかどうかより、被害者を出したくない思いを優先する人は、
参加するネットワークビジネスのグループのノウハウが本物かどうか、
よく確かめて検討するべきだと思います。


★こちらからそれを確かめることが出来ます。
 

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
ネットワークビジネスの勧誘被害
あなたも一度や二度は友人・知人から

「良い商品の話があるんだけど・・・」

「この商品を誰かに紹介すれば収入にもなるよ!」

という誘いをうけたことがあるのではないでしょうか?

断りにくい相手からのお誘い・・・


そう 一昔前のネットワークビジネスの口コミによる勧誘です。


私も何回か、お誘いをうけたことがあります。

この勧誘方法が ネットワークビジネスのイメージを落としている 
といったら言いすぎかもしれませんが・・・


ビジネスに興味のない友人・知人をターゲットにし、声を掛けまくる。

口コミをする場合、最初に声をかけるのは家族や友達です。

家族は、親族をいれても、まぁ、20人程度でしょうか。

そして、友達。

こちらは人によって違いますが、それでも多くて30人といったところでしょうか。

そして、全員に声をかけたとして参加してくれる人は、家族が義理で1人か2人。

残る親族や友達も、義理で2~3人。

本気で参加してくれる人が1人いるかどうか。

こんな感じでしょうか。


ここで、声をかける人が、ぱたっといなくなります。


人見知りをしなくて、あちこちで友達を新たに作れる方は良いかもしれませんが、
そうじゃない方にとっては、この先、人脈を広げるのは至難の業です。

学生時代の卒業名簿まで引っ張り出して、友達に声をかける場合もありますが、
忙しい中、久々に会ってネットワークビジネスしない?では・・・

まぁ、迷惑がられます。

興味のない人にとっては、どうでもいい話。

延々と話を聞かされるだけで大迷惑です。

興味のない人に声をかけるから、イメージが悪くなる・・・

いつしか友達も遠巻きになり疎遠になる・・・

やっぱりね・・・

ネットワークビジネスって迷惑がられるだけで、儲からないね!

といった感じであきらめてしまうのです。


でも、そのネットワークビジネスで実際に成功している人だっているんです。


その成功している人と、成功できない人の違いってなんでしょう?


それを習得出来るのがこちらのセミナーです。

★ネットワークビジネス成功者養成18日間無料メールセミナー
 



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0