FC2ブログ
ネットワークビジネスの嘘で被害者にならないためのブログ
ネットワークビジネスの嘘で被害者にならないためには、旧態依然の考え方から頭を切り替えることが必要なんです!
ネットワークビジネスの仕組み
儲かる仕組み」に乗ることができれば、「」に出来る!
 

商売とは儲かる為の仕組みを作り消費を起こすことです。

 
ネットワークビジネスには「儲かる仕組み」がすでにあります。

 
しかし、ネットワークビジネスに参加するだけで儲かるという事はありません。

 
「成功する為のやり方」が重要なのです!

 
 
「良い企業」+「成功する為のやり方」=『成功』


他のビジネスにはないネットワークビジネスだけが持つ大きなメリットが
あります。

 
それは・・・

 
「成功する為のやり方」そのものが「仕組み」になっている、ということです。

 
参加する全ての人がその「仕組み」を使って合理的に展開出来るのです。


今までネットワークビジネスでは 「成功する為の本当の仕組み」について、
あまり本気で考えられていない
ようです。

 
右を見ても左を見ても

 
◆今がチャンスです!

 
◆良い商品を伝えましょう!

 
◆絶対につぶれない会社です!

 
◆今、スタートする人は成功者になれます!



現実は、あおり主体の手法です。

 
実際のところ、ネットワークビジネスで成功する為には、「成功する為のやり方」
を自分で作るか、あるいは「成功する為のやり方」を持つグループに参加するか、
このどちらか
なのです。

 
今までのネットワークビジネスの活動を見ても、

 
◆成功者のセミナースピーカー

 
◆ カリスマ的トップリーダー


 
の周囲には人が集まっていました。

 
「ABC」「ホームパーティ」「セミナー」「ラリー」
 
 
これらも一生懸命考えた成功する為の仕組みでした。




私のビジネスがこの「仕組み」と違う点は・・・

 
「楽にやる」

 
という明確なキーワードを持っていること
です。

 
しかも一つ一つは何ともあたり前のことばかり・・・。

 
ただし、ネットワークビジネスを楽にやる為には最初の集中的な努力が必要です。

 
ネットワークビジネスの成功とは「数の獲得」です。

 
要するに共感する人の数が多ければ多いほど、楽に出来るのです。

 
楽して儲けることと、健全なビジネスをやることは矛盾しません!

 
この一見かみ合いそうもないパズルを組み合わせる事に成功すれば、
あなたは数の獲得に成功するのです!


★ネットワークビジネス成功無料メールセミナー
 


スポンサーサイト



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
ネットワークビジネスの本音
お金儲けは人間の「欲」を刺激します。

 
一人の人間は様々な面を合わせ持っています。

 
・良い部分を持っているから善?
 
 
・悪い部分を持っているから悪?

 
いえ決してそんなことはありません!

 
人間とはいろんな面を持つ動物なのです。

 
「人のために良いことをしたい」 と思った人が、次の日には「他人を出し抜きたい」
と思うのです。


 
「嘘をつくのはいけないこと」と子供に言っていたお父さんも、自分の浮気は
隠すのです。


 
誰にでも欲はあります。

 
人間なら「欲」はあるものなのです。

 
問題は「欲」を満たす為に次のどちらを選ぶかです。

 
(1)「欲」を満たす為に人を利用する。

 
(2)「欲」を満たす為に人に奉仕する。

 
あなたの答えはあなたが選ぶのです。


ネットワークビジネスは2通りの考え方が出来ます。

 
(1)「人間は善である」という考え方。

 
(2)「人間は欲を持つ」という考え方。

 
もし、人間が善であるなら「素晴らしい製品を普及させていきましょう!」
が最も簡単な方法
です。

 
しかし人間は「欲」を持っています。

 
「悪」ではありませんが、欲が勝てば善は消えてしまいます

 
この2つのバランスを 取ることが出来れば、良いビジネスになります。


人間だれしも「善の心」があるなら、それを引き出していかなければなりません。


「欲」を引っ込めるのではなく「欲」で「善」を消してしまわず、


「欲」を満たすためには「善」を持つ方が得なのだ、という事を知れば良いのです。


これは、ネットワークビジネスで成功するための本音です。


★ネットワークビジネス成功無料メールセミナー
 


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
ネットワークビジネスの疑問2
 
今日からあなたは本物の活動を手にします。

 
ネットワークビジネス業界が疑問だらけである事があなた自身のマイナスに
ならない事が分かれば、公平な目で見ることが出来るようになります。

 
右も左も解らず振り回されている人に少しでもアドバイスを差し上げたいと
思っています。

 
ほんの少しのことで、大体解決します。

 
些細なことが結果を大きく左右するんですよ!


最初の第一歩、まずは業界の事を良く知ることです。


 
さて、「商売」とは何でしょう?

 
簡単な話で、全ての商売に共通するのは「お金を稼ぐ」という事です。

 
商売とは、「儲けるためにやる」ものです。八百屋さんは野菜が売りたい
為に売っているのではありません。

 
「儲けを出す為」に売っているのです。

 
利益を出さなくても良いものは趣味の領域です。

 
少なくとも他で何かの「収入」を得ていなければ、続ける事さえ出来ません。


では何故利益が出るのでしょう?

 
商品やサービスを売って儲かる「仕組み」があるから利益が出るのです。

 
これは八百屋さんでもソフトバンクでも同じことです。

 
1万円の商品をどれだけ売ればどれだけいくら入る、と分かっている仕組み
があるから商売になるのです。

 
この仕組に消費を誘い込めば商売は回転し始めます。

 
「お客さん」を集めることが商売の原点です。

 
「客を集める」この単純明解な事が出来ない為に中小企業が四苦八苦し、
今月も何千という会社が倒産している
のです。

 
「儲かる仕組み」があり、消費が起これば、商売は回転するのです。

 
「儲かる仕組み」の上に消費を起こす「お客さん」が集まれば商売は
成り立つ
のです。


では、どうすればお客は集まるのでしょう?

 
それは「売り手優位の商売をやること!」です。

 
これが分かればあなたのネットワークビジネスは成功の道を歩きはじめます。

 
売り手市場のビジネスとは、結局は究極の買い手市場の実現だと思うのです。

 
相手が欲しいものだけを与える。

 
これが出来れば「売り手優位」の商売が出来ます。

 
楽な商売です。

 
「相手にこびをうる商売」は、相手が欲しいかどうか不安な商品しか持って
いないから
です。

 
ここで歯車が狂ってしまった商売も多いのではないでしょうか。


あなたは、お店へ入るなり「いらっしゃいませ!」と3人の店員に身体を
45度の角度に曲げて慇懃に迎えられた事がありませんか?

 
何を買うかも決まっていないのに、「何かお探しですか?」と店員に近寄られると
逃げ出したくなりませんか? 

 
私が客なら逃げ出したくなります。

 
なぜなら、「売られる・・・。」と思うからです。

 
これは買い手市場を意識するあまり、逆に買い手にプレッシャーを与えて
しまっている例です。

 
逆に店に入っても、店員は知らん顔してる店の方が入りやすくありませんか?

 
お客さんの事を尊重しようとするあまり、買う側にデメリットを与え、自分も
損をしている、そんな店も多いですが、目の前にいる人にとって「役に立つもの」
を並べる事が出来れば

 
顧客満足は得られるのです。

 
楽な商売をする店ほど、客も楽に買い物が出来るのです。

 
楽に稼ぐ法則です。


楽な商売=客も楽に買物が出来る

 
売り手優位の商売=買い手も満足する


 
つまり・・・
 
 
楽に稼ぐ「仕組み」を持つ=あなたの周りに人が集まる!

 
この理屈をネットワークビジネスに当てはめる事が出来れば、
グループは拡大し始めます!


次の「成功事例」を作るのはあなたかもしれませんね!

★ネットワークビジネス成功無料メールセミナー
 



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
ネットワークビジネスの真髄
今、サイドビジネスには巨大なニーズがあります。

 
サラリーマンの6割、自営業者の半数、専業主婦の3割もの人が
「サイドビジネスに関心を持っている。」と答えているアンケートがあるそうです。

 
サイドビジネスですから、あまり時間もお金も労力もかけられません。

 
ネットワークビジネスは小資本で始められ、自分のペースで活動出来る。

 
一見ネットワークビジネスには理想的なビジネススタイルを持っており、
多くの人のサイドビジネスのニーズを満たすことが出来るはずなのですが・・・

 
ほとんどの人が失敗するのです!


ネットワークビジネスでして成功いる人たちの話を聞き、
「自分もいつかは絶対にベンツだ!」と意気込んでも、その殆どの人たちが
1年以内にやめていきます。


なぜでしょう?


私は本物の成功を得たかったので、このことを真剣に突き詰めてみました。

 
ネットワークビジネスはやり方を間違えると失敗する!」

 
「甘い考えで取り組むと成就しない!」

 
「ビジネスチャンスの力でなく製品力で流通を起こさないと組織は崩壊する!!」
 
 
私なりの答えを自分自身の活動から、テスト・マーケティングしました。


しかし、結果はいまいち伸びなかったのです。

 
確かに製品力によって愛用者は確保しました。

 
真剣に取り組むメンバーも生まれました。

 
定着率は誇れるのですが、グループに勢いがないのです。
 
 
ネットワークビジネスの一つのやり方としては成功しているのですが
「仕事をしている!」というダイナミズムに欠ける
ので、組織は縮小して
いきました。


そしてある時、私はこんな事を考えたのです。

 
必死でやっている人ほど失敗をして、楽にやっている人ほど成功しているの
ではないか?
」と・・・。
 
 
これはネットワークビジネスに限った話ではありません。

 
世の中がそうだ、と思ったのです。

 
世の中には100万円以上の給料をもらう人も沢山います。

 
あなたが今20万円の給料をもらっているとして、彼らはあなたの5倍も仕事を
しているでしょうか?

 
絶対にしていないはずなのです!

 
そのかわり高収入を取る人は皆、頭を使って稼いでいます

 
労働力や時間を売る仕事をする場合は収入に限界がきます。
 
 
ネットワークビジネスで得られる収入は権利的収入です。

 
ネットワークビジネスの真髄を知る為には、通常の仕事的な感覚ではなく、
「頭を使う」そして「楽に稼ぐ」このことを前提にビジネスの仕組みを作る
必要がある、と悟ったのです。

 
ネットワークビジネスの成功とは「数の獲得」です。

 
要するに共感する人の数が多ければ多いほど、楽に出来るのです。

 
楽して儲けることと、健全なビジネスをやることは矛盾しません!

 
この一見かみ合いそうもないパズルを組み合わせる事に成功すれば、
数の獲得に成功するのです!


その結果、予想通りのことが起こりました!


 ◆楽してやるほど、上手くいく。


 ◆一生懸命やるほどに空回りする。


 ◆追いかけ回すほどに人は逃げていく。


 ◆追いかけなければ相手の方からこちらへやってくる。


 
全てが良い方へ動き始めたのです。

 
私の考えは一つの方向へ向かいました。

 
すなわち・・・


楽に出来なければ、ネットワークビジネスは成功しない・・・
いうことです。


ネットワークビジネスに取り組む人は


 ★頑張りすぎ!


 ★力が入りすぎ!


 ★難しい事をやりすぎ!


 
なのです。

 
私は更に考え、儲けている人のタイプを徹底的に調べました。

 
するとはっきりと2つのパターンに分かれたのです。

 
一つは従来通りのモチベーション主体の方法。

 
もう一つは「まぐれ」に近いものです。

 
どうやら、この「まぐれ」の中に大きなヒントがあるようなのです。


この「まぐれ」をまぐれでなくするにはどうすれば良いのか?
 
 
儲かる人と儲からない人の差をはっきり分けた「違いの秘密」とは何か?

 
そのことが分かった人だけが「楽に成功出来ることになる」ということが
解りはじめたのです。



★完全在宅、次世代型ネットワークマーケティング



 


 

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
ネットワークビジネスは10倍簡単になる!
もし、あなたが、今の10倍稼ぎたいのであれば・・・


10倍稼ぎたいから10倍頑張ろうと思っても、
1日は24時間なので物理的に無理です。


だから、もしあなたが、今の10倍稼ぎたいのであれば・・・


『今の仕事を10倍簡単にできないだろうか?』
と考えることが必要です。


そう、10倍簡単な方法を探すのです


それが見つかれば稼ぎを10倍にできます。


これは、あの有名な斎藤一人さんの言葉です。


私はこの言葉は、非常に現実的で理にかなっていると思います。


『10倍頑張る』という言葉には、何の具体性もありません。


あいまいな事に関しては、簡単に口に出しやすいものですが、
実際は何の行動も取れません。



逆に『10倍簡単にする』と考えると、具体案が浮かんできます。


例えば、ビジネスに掛けている時間を10分の1にすることは可能です。


グループフォローであれば、今までは全ての人に直接会って
フォローしていたが、メールセミナーやスカイプを使うことによって、
効率化がはかれます。


さらに、WEBでサポートページを作ってみるのも一つの方法です。



このようにフォローの方法を変えると、時間が10分の1に
なるかもしれません。



また、リストが10倍になれば、リクルートは10倍簡単になります。



例えば、『友人・知人を誘う方法』から・・・


インターネットで集客してからリクルートする方法』に
変えれば、リストを10倍にすることができます。


そうすれば、10倍簡単に結果を出すことができます。


少し考えただけでも、色々なアイデアが生まれます。


つまり、収入とは・・・


仕事の量に対する報酬ではなく


仕事の質に対する報酬なのです。


また、松井証券の松井社長も、同じようなことを言われています。


『頑張るな』


これが松井さんの言葉です。


頑張って良くなるのは、せいぜい1割ぐらいのものです。


頑張りだけで2割よくするのは至難のわざなのです。


それよりも「頑張らなくても結果の出る方法を探しなさい」
と言います。


ここで言う『頑張る』というのは、「仕事量を増やす」ということや
「無理をする」ということです。



要するに“身体に汗をかく”ということです。


では、頑張らなくても成果をあげるにはどうしたらいいのでしょうか?


“身体に汗をかく”とは反対のことをすればいいのです。


それは・・・


“脳みそに汗をかく”ということです。


新しい知識を得て、


新しいアイデアを出して、


新しい方法を創りだし、


新しい行動をとることです。



ただし、人間は新しいことを考えるのを嫌がる生き物です。


なぜなら、今までやってきたことを繰り返しやるほうが楽だからです。


ただし、今までやってきたことを繰り返しやっていても、
結果が変わることはありません。



何度やっても同じような結果しか生まれません。


結果を劇的に変えたいのであれば、フルモデルチェンジする
必要があるのです。



例えば、ネットワークビジネスで過去1年で友人・知人をリクルートして
出た結果は、同じ方法でもう1年やっても結果は同じです。


全く別の方法を考える必要があるのです。


要するに、別の方法を考えるためにも、新しい知識を習得する
ことが重要なのです




あなたが、圧倒的に結果を変えたいのであれば、
この事を頭に入れてアクションを起こしましょう!



その方法をを習得出来るのがこちらのセミナーです。

★友達を誘わなくても相手から手を挙げて来てくれるネットワークビジネス
 

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0