FC2ブログ
ネットワークビジネスの嘘で被害者にならないためのブログ
ネットワークビジネスの嘘で被害者にならないためには、旧態依然の考え方から頭を切り替えることが必要なんです!
ネットワークビジネスの利点
ネットワークビジネスの主宰会社の役割は、時代が求める商品を戦略的に開発
したり、誰でも参加できるビジネスプランを確立すること。


そして最新鋭コンピューターシステムを駆使した販売・勧誘活動に連動した
メンバー管理をすることなどがありますが、最も大きな役割は迅速な商品配送を
実現する戦略物流システム構築によりメンバーのビジネスを徹底支援していくこと

にあります。


注文・在庫・配達・集金・入金・帳簿つけ・報酬支払いなどの雑務は、主宰会社が
まとめて代行
してくれます。


主宰会社にとってはメンバーによる販売活動により広告もいらない、店舗も
いらない、中間マージンなどもいらない直販方式をとれるため、流通コストを
大幅に削減できる
のですから、そのコストや労務をサポートに回せるわけです。


このためメンバーは販売活動にまつわる煩雑な事務・雑務作業から開放される
だけでなく、新たなメンバー勧誘という本来のビジネス活動に注力できる
ように
なっているのです。


これらが、大きな利点です。


そもそもネットワークビジネスにおいてはお互いの参加者が信頼関係により
結びついているため、会社などの組織と比較して仲間の協力が得られやすい
わけです。


普通の会社ではみな自分の目の前の仕事で精一杯になって、他人に構って
いられなかったり、隣りの人のミスが自分の出世につながるようなライバル関係
にあるため、同僚であっても仲間と呼べない状況も多々あります。


しかしネットワークビジネス組織の根本にある考え方は「みんなで良くなろう!
というものです。


報酬のシステムとして協力関係が必要不可欠ということもありますが、「勝つ人」
と「負ける人」が出てくるような仕組みになっていないため、競争したり他人を
蹴落とす必要がない
のです。


「金持ち父さん貧乏父さん」のロバート・キヨサキ氏の言葉を借りれば、
中流以下の人は「ワーク」を探すけど、お金持ちは「ネットワーク」を作り出す。


これは「レバレッジ」つまり「てこの力」を活用したほうが、より早く確実に
お金持ちになれるということだと思います。


今までの歴史の中では、「ネットワーク」のてこの力を使えるのが許されたのは、
お金持ちだけでした。


しかし現在では「ネットワークビジネス」によって、中流以下の方でも簡単に
レバレッジ」を活用できるようになったわけです。


当たり前の話ですが、一人の仕事量は限界がありますが、たくさんの人の力を
借りればたくさんの仕事量をこなせる
わけです。


これを報酬システムに組み込んだのが「ネットワークビジネス」なのです。


1人が2人から4人、つまり、たった2人増やしただけなのに4段目の全体では
310人も増えています。


これがレバレッジ効果という大きな利点なのです。


ネットワークビジネス成功の法則を学んでみませんか?

★ネットワークビジネス成功無料メールセミナー
 


スポンサーサイト



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
ネットワークビジネスとマルチまがい商法の違い
<マルチまがい商法との違い>


ねずみ講のほかにも悪質な商法があります。


一見、ネットワークビジネスのように思えますので注意が必要です。


ねずみ講と同じで「会員になれば儲かる」ことを大前提に話が伝わっていきます。


商品やサービス、必要書類(概要書面)などは一応揃えてあります。


実はこれも巧妙な小道具(ワナ)なのです。


商品は不要不急、つまり生活に必要がなく価値のないものを高額な金額で買わせ
ようとする場合が多いです。


そして、会員を無理やりにでも募るよう煽動し、家族や親戚、友人・知人に
必要のない商品を無理に買わせるように仕向けてきます。


会員になっても「とにかく儲かるから大丈夫!」としか言いようがありません。


なぜなら、自分が必要としない商品であり、愛用するようなリピート商品では
ないからです。


商品の特性や内容も不明朗なままですから、説得力がありません。


だから「儲かる」としかいえないのです。


しかし、そんな話に乗ってしまう人がいて被害者となったために
正当な活動を続けるネットワークビジネスと、混同してしまったことが
世間の風評となり、今でも理解されないケースがある
のです。





  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
武士と商人

私たちが時代劇を見ると、たいていは武士が主人公で
商人という立場の人は「脇役」のイメージが強いですね。


学生時代に習った「士農工商」という制度でも、商人
一番下の位でした。


その名残りがあるのか「金儲け」という行為はいまだに
恥ずかしい、卑しいことだという意識が残っているように
思います。



商人にはお金臭い、ずる賢い、強いものに媚びるという
イメージを持つ人も多いようです。



水戸黄門に出てくる商人もほとんどが悪人ですし
世界的にも「ベニスの商人」に表されるように
悪役として表されることが多いのです。


一方で、武士という職業にはかっこいいイメージが定着
しています。


誠実さや精神論、武士道など一切のお金臭さを感じません。


映画でも「ラストサムライ」「武士の一分」のように、武士
いうものを美化しています。


でも違った観点で考えてみると、武士とは城に勤めている
勤め人で毎月給料をもらって生活しています。



つまり、公務員のような立場なんですね。


商人には決まった給料はありません。「商人に給料なし、
稼ぐは一生の努めなり」と考えられていたと言われています。



城から給料をもらって暮していた武士よりも、自分の力で
生き抜いていた商人の方が、実はカッコイイ生き方をしていた
と私は思っています。


時代劇では悪役にもなってしまう商人ですが、彼らにとって
お金儲けは正義です。


日々ライバルと競い、考え、努力したその成果が儲けという
褒美なのです!


商人である以上、お客様に喜んでいただかなくてはならない
というミッションがあります。



喜んでいただいた対価が利益であり、儲けなのです。


ネットワークビジネスも日々考え、努力し、皆で喜びを分かち合う
素晴らしいビジネスです。



あなたもネットワークビジネス成功の真髄を学びませんか!?

★ネットワークビジネス成功無料メールセミナー
 




  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
ネットワークビジネスの本質4

ネットワークビジネスでは、登録したあなたは紹介者の所属するグループの
一員となります。

このグループがあなたのビジネスの立脚点になります。

そこにはどのような人たちが参加しているのか、グループの活動内容を視察する
ことも大事なチェックポイントになります。

「知らなかった」とか「こんなはずではなかった」という思いをしないためです。

多くの人が「面倒くさい」と思いがちですが、時間やお金が許す限りセミナーや
ミーティングに積極的に参加されることをお勧めします。

まず男女の比率と年齢構造を観察してください。

自分と同じような年齢や立場の人がいるか、いたら直接話しかけてみるのもいい
かもしれません。

その際には自分がどのような目的で参加しているのかを告げて、社会人として
失礼のないように質問してみてください。

また、セミナーやミーティングの開催頻度も確認します。

メンバーがビジネス支援にどのぐらい注力しているのかがわかります。

開催地区によっては自分が参加したくてもできない場合もありますので、
それも確認してください。

セミナー主宰者やスタッフの対応、ベテランやリーダーの立ち振る舞い、
そしてセミナーの内容がわかりやすいかどうか、どんな質問にも親切に答えて
くれるかなどを評価してください。

「すぐに収入になる」など煽る言葉だけが強調されていないかも、冷静に観察
してください。


確認すべき5つのポイントはこちらです。

①グループリーダーに実績があるか?

②グループ内の協力体制が整っているか?

③教育体制は整っているか?

④尊敬できるリーダーがいるか?そのリーダーが直々に教育をしてくれるか?

⑤刺激を受けたり、励ましあったりできる楽しい仲間がいるか?



★これらのポイントを全てクリアしているグループはこちら


 



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
ネットワークビジネスの本質3

ネットワークビジネスを検討するためには、会社案内、商品カタログ、小冊子、
概要書面、PR用ビデオなどの情報が必要不可欠になります。

できる限りすべての情報を入手して、客観的に評価・分析を繰り返してください。

そして、あなた自身で会社を訪問してみてください。

いわば「実体験調査」です。

会社案内では読み取れなかった事実が判明するかもしれません。

できれば本社所在地に出向いて会社(立地条件、建物、設備、スタッフ)を視察
するのがベストです。

もちろん、紹介者に案内してもらうか、事前にアポイントを取っておくことを
お勧めします。

また、実際に会社と接触してみてください。

あらかじめ商品、システム、会社などに関する質問事項をまとめておきます。

それらを基に、会社に電話で問い合わせてみます。

その時のスタッフの対応がいい加減だったり、長時間待たされたり、いくつかの部門
をたらい回しにされるようでしたら、会社の体制と社員教育が充分とは言えません。

体制の整備拡充と社員教育は主宰会社の大切な経営責務のひとつです。

その内容が、スタッフの電話対応ひとつからも経営陣のスタンスがうかがい知れます。

上陸前の外資系企業と立ち上げたばかりの新興企業に関しては注意が必要です。

本国でうまくいってないから日本市場を狙ってきたのではないか、悪質なネット
ジャンキーが立ち上げたのではないか、会員から集めたお金でビジネス展開しよう
としていないかなどを確かめてください。

情報が少なく、責任の所在も不明確な場合は危険な面が多いと考えてください。

「今、登録すれば有利」という誘い文句で誘われるかもしれませんが、
「商品、システム、会社」の説明が不十分なまま登録を急がせるところには、
特に注意してください!

★ネットワークビジネス成功者養成18日間無料メールセミナー
 


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0